メリットデメリット

それぞれにメリットデメリットがあります。ホワイトニングを希望する人は歯を白く美しくしたいと思う方ばかりです。その中で期間がかかりすぎてしまうとついつい効果が本当に現れるのか疑問に思ってしまいます。どの施術にも確実に効果が出ますが、デメリットもやはりあります。3種類とも歯科医院に行くので、質問もできるしもちろん異常があれば相談することも出来ます。

早さを求めるの出れば、デュアルホワイトニングが早く効果を実感できます。歯科医院でも家でも出来るので常にホワイトニングをしている状態です。次はやはりオフィスホワイトニングです。こちらはや薬剤を使いライトを当てて施術するので、薬剤自体がホームホワイトニングより強いので早く実感できます。最後にホームホワイトニングですが、遅いながらも歯科医院に通う手間がだいぶ減るので時間をかけてじっくりという方にお勧めです。

デメリットとしては、色の濃い食事や飲み物は制限されます。これはせっかくホワイトニングをしているのに、その上から色素沈着が予想されるものを口に入れてしまっては元に戻ってしまいます。ほかにも紫外線アレルギーの方はオフィスホワイトニングとデュアルホワイトニングは出来ません。ライトには紫外線が発生するためです。無力タラーゼ症の方はホワイトニング剤を使っても分解する酵素を持って居ないので出来ません。知覚過敏のひどい人、虫歯の人、詰め物、かぶせものが目立つと所にある人など色々と制限があります。まずは歯科医院で問診を受けて、自分がホワイトニング出来るかどうかを確認しましょう。

種類によって何が違う

3種類あるホワイトニングですが、歯科医院で施術をしてもらうオフィスホワイトニングは免許を持つ医師や衛生士が行うホワイトニングです。薬剤を使用してライトを当てて行うのが一般的です。最近は色々な技術が開発されていてライトを当てない方法もあります。金額は、使用する薬剤や歯科医院により違いますが相場ですと10000円から出来るところが多いです。1本の金額で表示している所や上下各6本全12本で表示している所、自由に本数を選べるところもあるので、始める前に問い合わせるのがいいですね。

参考リンク-湘南美容歯科
1本ワンコインでホワイトニングできる美容歯科のHPです。

ホームホワイトニングはまさに自宅でホワイトニングが出来ます。専用のマウスピースに薬剤を流し込んで1日2時間つけておきます。但し1度~2度歯科医院に通わなくてはなりません。専用のマウスピースを作ってもらうという事と、虫歯などが無いか確認してもらう為です。虫歯があると痛みが出てきてしまうので必ず見てもらいましょう。金額は20000円からになります。金額的にはオフィスホワイトニングより安くなります。マウスピースを使うので歯全体をホワイトニングするので手軽に始められます。

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う事です。自宅ではマウスピースを使い、定期的に歯科医院でホワイトニングを行います。3種類の中で一番白さが保てる方法です。金額は50000円からになります。こちらは両方を行うので3種類の中で一番高い金額になります。しかし結果も早く出るので、早く結果を出したい方にお勧めです。

ホワイトニングの種類

歯の黄ばみや色素沈着は歯みがきでは中々落とす事が出来ません。もちろん歯磨き粉でも白くなる効果のある成分の入っている物もありますが、1本使っても効果が実感できないなどの残念な感じになる人も少なくはありません。そんな時にホワイトニングはとても有効な治療法だと思います。歯科医院に行ってホワイトニングを行うのが一般的ですが、何回も通うのが面倒な方は自宅で自分でホワイトニングを実践したいと思います。

ホワイトニングには主に3種類あり、一つは一般的な歯医者でホワイトニングの施術をしてもらう「オフィスホワイトニング」ともう一つは自宅で自分で行う「ホームホワイトニング」があります。他にも歯科医院に通いながら歯科医師や衛生士の指導の下ホワイトニングを行う「デュアルホワイトニング」があります。それぞれに金額や回数も違いますし、もちろんメリットとデメリットもあります。やり方にも多少の違いが出て来るのでかかる施術期間も変わってきます。

年頃の方は歯が黄ばんでいるより白い方が清潔感のある印象があるイメージです。タバコのヤ二で汚れるという知識は一般的ですが、他にもコーヒーやワインなどでも色素沈着があります。今や女性だけでなく男性も歯の黄ばみなどを気にする方も増えてきています。ホワイトニングにかける費用を出来る限り安く、なおかつ回数も少なく行うにはどうしたらいいか、自分に合う方法をライフスタイルに照らし合わせながら探していきましょう。